おならがよく出る人や止まらない人!臭いおならの原因と対策

おならがよく出る人や止まらない人!臭いおならの原因と対策

腸内環境を改善してダイエットする方法

オリゴ糖にはダイエット効果があります。
近年オリゴ糖が、低カロリーの甘味料としてテレビや雑誌などで注目されています。
オリゴ糖には20以上の種類があります。
普段私たちが食べている、野菜や果物にもオリゴ糖はわずかながら存在しています。
胃や小腸で消化吸収されずに大腸まで届き、ビフィズス菌をはじめとする善玉菌のエサになって腸内環境を整える役割があります。
またオリゴ糖は、腸内を酸性にして悪玉菌の増加を抑える働きや余分なコレステロールの排出、血糖値を正常にする作用もあります。
これによって便秘を解消してくれることに繋がります。
便秘が続くと痩せにくい身体や、肌荒れの原因になります。
更には、大腸がんに繋がったりするので注意が必要です。
また虫歯菌のエサになりにくいので、虫歯予防の効果も期待できます。
オリゴ糖は悪玉菌の働きを抑え、善玉菌も増やし、虫歯予防もできる優れものです。
ただし摂取しすぎると、お腹を下してしまうことや、腸に負担がかかるので注意が必要です。

 

ではオリゴ糖は、1日何グラム摂取すれば理想的なのでしょうか。
1日に必要なオリゴ糖は、一般的には、3〜5グラム(ティースプーン1杯程度)と言われています。
たくさん摂取したからと言って、効果が上がるものではありません。
オリゴ糖と砂糖の違いとして、砂糖は1グラムあたり4キロカロリー。
オリゴ糖は種類によって変わりますが、代表的な乳化オリゴ糖、大豆オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖で1グラムあたり2キロカロリー。
イソマルトオリゴ糖は4キロカロリーです。
ほとんどは砂糖の半分で甘味も半分なのでオリゴ糖の甘さに慣れると、砂糖の甘さは強く感じます。

 

オリゴ糖の効果的な摂取の方法としてオリゴ糖は、バナナやリンゴ、タマネギ、トウモロコシ、ニンニク、アスパラガス、ゴボウ、大豆、味噌や醤油等、様々な食材に含まれています。
しかし、オリゴ糖をしっかり取るにはかなりの量を摂取しないといけないので、市販で購入でき、自分に合う製品を活用することがおススメです。
薬局や通販、インターネットで購入できます。
シロップタイプや、粉末タイプなどがあるので使いやすいものを選んで下さい。
オリゴ糖の種類と効果
プラクトオリゴ糖
ゴボウやタマネギに多く含まれる。
腸内環境を整え、ミネラルの吸収促進
パラチノース 虫歯を作りにくいオリゴ糖

 

大豆オリゴ糖 天然の大豆をもとに作られる。
腸内のビフィズス菌が数倍に増えます。

 

ガラクトオリゴ糖 母乳に含まれるオリゴ糖。
腸内環境を整え、タンパク質の消化、吸収を助ける。

 

インマルトオリゴ糖 蜂蜜、味噌、醤油に含まれる。
料理に適している。
キシロオリゴ糖 オリゴ糖の中でも、ビフィズス菌を増やす働き1
1日わずか0.7グラムでビフィズス菌を増やす。
他のオリゴ糖は3〜5グラム必要。
テンサイオリゴ糖 砂糖大根から抽出される。
オリゴ糖の中でも一番早くビフィズス菌のエサになる。
免疫力を高め、肌荒れを防ぐ。
オリゴ糖でも種類によって効果が違いますので、参考にしてください。
腸内環境と、オリゴ糖は深い関わりを持ちます。
オリゴ糖をしっかり意識した生活を送る事が、腸内環境を整える事になります。
ですが、腸はメンタルの影響をとても受けやすい臓器です。
リラックスをすればするほど、副交感神経が優位になり、腸も良く働きます。
しかし不安や緊張、悩み事でストレスを抱え込むと、交感神経が優位になり胃腸の働きの低下、食欲不信、便秘、停滞腸、悪玉菌の増加などを招きます。
オリゴ糖など体内に入れる材料も腸には大事ですが、一番大切な事は、ストレスと上手く向き合い、自分なりに発散できる方法をしっかり作る事です。
心と体のバランスが整ってこそ腸内環境が良くなり、ダイエットにも影響が出ます。

自分なりのライフバランス。
しっかり身に付けて生活を送ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る