おならがよく出る人や止まらない人!臭いおならの原因と対策

おならがよく出る人や止まらない人!臭いおならの原因と対策

おならを我慢すると体調不良になるの?

突然、お腹がギュルギュル痛くなったり、お腹が張っておならをしたくなったりすることがあります。

 

誰もいなければ、おならを出してしまう方が身体のためには良いことです。

 

しかし、仕事先や周りに人がいるところではそういうわけにはいきませんね。

 

肛門の括約筋にぎゅーっと力を入れて我慢するしかありません。

 

トイレに行ってホッとする頃には、あれれおならは消えてしまっています。

 

出したかったおならは何処に行ったのでしょう。

 

 

■ おならは生理現象!誰でも出るのが当たり前

 

おならは、食べ物を一緒に吸い込んだ空気や、大腸の中に住みついている細菌が食べかすなどを発酵するときに発生するガス、血液から腸粘膜を通じて出てくるガスなどが混じり合って出来ています。

 

食事することでエネルギーを得ている私達には、誰でもおこる生理現象なのです。

 

おならが出るのは当たり前のことで、我慢して溜めこむことの方が問題になります。

 

毎日3回の食事をして、消化され栄養分を得て活動している私達の腸内ガスは、毎日新たに作られます。

 

おならやげっぷとして外に放出されていれば、問題なく毎日一定量のガスが入れ代わることになりますが、おならを我慢したり便秘で便が腸内に溜まった状態が続いていると、腸内環境のバランスが悪化して、ガスは長時間お腹の中に留まったままになることがあります。

 

しかし、お腹の中に蓄えられるガスにも限度があるので、我慢して放出しなかったガスは、逆流するように体内に取り込まれてしまいます。

 

 

■ 我慢したおならの生き先は?

 

おならや便意を我慢すると、お腹が張ってポンポンになり苦しくなります。

 

ガスが溜まってしまいおならを出したいけど我慢、出したい、我慢を繰り返すことはとても辛くストレスになってしまいます。

 

おならの我慢は、ガスを溜めこむことの悪循環を招いて、身体に悪影響を引き起こします。

 

いくらおならは出したほうが良いと言っても、周りに人がいる状況では出来ませんから、我慢することになります。

 

しかし、おならを我慢しているとそのうちにどこかに消えてしまったという経験が誰でもあるのではないでしょうか。

 

実は、「おなら」を我慢していると時間が経つにしたがって、大腸内の粘膜にある毛細血管から血液中に吸収されるのです。

 

腸内ガスが多い時は、大腸から逆流して小腸の粘膜の毛細血管にまで吸収されてしまいます。

 

血液中に吸収されると、全身におならと同じガスが巡っていきます。

 

一部は腎臓で尿の成分として処理されますが、ほとんどは肺の毛細血管まで行き渡って、処理された後に呼気に混じって鼻や口から排出されます。

 

おならは、我慢すると知らないうちに全身を巡った後に、口や鼻から出している事になるのです。

 

このおならが逆流するシステムは、腸内ガスのバランスを保つ点では良好でしょうが、有害物質を含むガスが血液中に吸収されて、身体のあらゆる部分に流れることを考えれば怖いと感じますね。

 

実際におならを我慢して腸内ガスが多くなりガス溜まりを起こすと、消化機能は低下して腸内の悪玉菌が活性化し、有毒ガスをより多く排出するようになります。

 

全身におならを含んだ血液が流れることで、代謝の悪化、凝りや頭痛といった体調不調につながるのです。

 

 

■ おならは我慢する前にガス抜きをしよう!

 

仕事中や外出中におならがしたくなってもなかなかできません。

 

仕事に出かける前や時間が空いたときにガス抜きマッサージやストレッチで、少しずつ出してあげましょう。

 

就寝中におならをしているかどうかは自分ではわかりません。

 

無意識のときに勝手に出てくれれば、恥ずかしいなど感じませんから寝ている時に出てくれればいいと思いませんか?

 

便秘の人にも効果がある腸のマッサージを、就寝前の布団の中でやってみるのも一考です。

 

仰向けに寝て、脱力しながら腸の形を思い描いて両手の指先で軽く時計回りに押さえさすります。

 

腸の排便を促すようにゆっくりとマッサージします。

 

お腹があったかくなってきますから、そのまま眠ってしまいましょう。

 

翌朝、お腹の張りがなくなっていたり、おならが出たらしばらく続けて習慣にしましょう。

 

腸内の善玉菌を増やす食事の見直しも忘れてはいけません。

 

腸内環境を整えれば、おならを我慢する必要もなくなるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る